なりさんBLOG

金融・FIXプロトコルの相談。いつでも承ります。機械学習のコンテンツを充実させてきます。

証券アナリスト 一次試験の全体像をつかむ

【証券アナリストの科目】

3つの科目があります。

・財務分析
・経済学
・証券ポートフォリオ分析

このうち証券ポートフォリオ分析の試験時間は他の二つの倍(3時間)となります。実際に勉強時間として割く時間も倍くらいになると思います。

【どのくらいの難易度?】

合格率は45%前後と高め。ただし受講費用が高いため(5万円前後)、簿記のようなひやかし受験は少ないかと。受験人口(6千人前後?)も少なく、その中での競争となります。

過去の合格点は発表されていません。6割以上取るのを目指せばいいのではないかと推測しています。荒い理由ですが、5択問題なので20点はみんな取れる。残りの80点の中央値は40点。
よって合計60点が大体の平均ではないかと。45%なのでほぼ平均よりちょっと上あたりを目指せばOK。

【他の試験と比べて?】

財務分析

簿記全般についての基本的な知識が問われるのに加えて、キャッシュフローについての分析が主になってきます。

簿記3級レベルの知識があると絶対に役立ちます。
仕訳はありませんが、簿記の考え方や、減価償却の意味、損益計算書、貸借対照表を見るのが初めてでは苦しいと思われます。
もし簿記が初めてでしたら、ぜひまずは簿記3級の勉強をしてみてください。

キャッシュフロー分析については何回か過去問をといて、試験の直前にきちんと式を覚えることが大事です。

経済学

マクロ・ミクロ経済学の基本的な知識が問われます。
こちらは学校などで勉強したことがあれば楽ですが、そうでない場合はかなり抵抗があると思います。私にとって一番独学でつらいところでした。
経済学を問う試験としては不動産鑑定士などがあります。教材を見比べたところ、範囲は似ていると思われます。

何かしら経済学の入門書を購入する事をお勧めします。

証券ポートフォリオ分析

最も証券アナリスト独自の科目になると思います。

統計学、ポートフォリオ理論(CAPMが分かればとりあえずOK)、デリバティブ、債券価格の計算などが問われます。

基礎的な理解を問われるのが殆どですが、実際に計算をする必要があるので、過去問を解きながら勉強するのが一番有効かと思います。
私にとっては、やっぱりこの科目が最も証券アナリストの勉強をしている実感があって楽しかったです。
もしかしてこの科目が嫌いだったら、資格をとってもその後あまり楽しくないかもしれません。

コメントをお待ちしております

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

柳原尚史(なりさん)


AIソリューション開発、Ridge-iの代表をやっています。
旧姓が成行であだ名がずっとなりさんだったので、なりさんです。

証券アナリスト持っています。債券取引と株DMA・アルゴが得意分野。

もっぱらの趣味は、トレイルランニングとプログラミング。
UTMB2014/2015完走(フランスのモンブラン一周166KMを2日で走破するレース)

詳しいプロフィール
質問・お問い合わせ

おすすめ