なりさんBLOG

金融・FIXプロトコルの相談。いつでも承ります。機械学習のコンテンツを充実させてきます。

オーディオ

オーディオに対する見解

オーディオに関しての意見は、電磁気学にのっとった理論的なものから、明らかにオカルト・迷信に属するものまで本当に雑多です。そこで、大学で学んだ電磁気学と、常識的な物理の知識を統合した私なりの意見です。

 

構成を変えれば、音も変わる。

スピーカーの置き場所などを変えれば音が変わるのは当然です。また、スピーカーケーブルを変えれば電気特性も変わるので、やはり音も大なり小なり変化します。

でも、それが良くなったのか、悪くなったのかというのは、かなりその人次第によります。どの位変わったかも、その人の感じ方に大きく影響されます。信号ケーブルになると、よほど粗悪なものを使っていたのでないかぎり、電気工学的には変化はありません。

でも、高いモノに構成を変えれば、その音の変化が心理的に「良くなった」と思いたくなるのが性。

構成を変えた=>音が変わった

という単純な結果を、高いものを入れるだけで

構成を高いものに変えた=>音が変わった=>音が良くなった

と、良くなったという結論までつながっているかは、かなり眉つばな事が殆どです。

 

電気特性より、音響工学と聴覚特性をまず知るべき

良いオーディオ構成が目指すところは、聞き手にどう聞こえるか、にかかっています。

となると、どういう音波だとどう聞こえるか、についてまず知るべきです。いわゆるラウドネス曲線などの音響生理学、聴覚特性です。また、音波がどのように伝わって来ているのか、については音響工学として研究されています。

分かりやすいスライド
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2005_14630/slides/07/5.html

ケーブルやパーツの変更によって影響を受けるのは電磁気学にのっとった性質です。しかしそこでの違いはもちろん目で見ることもできなく、素人では測定すら難しいミクロなレベル。

簡単な直流抵抗の多少が与える影響ならまだしも理解できますが、静電容量、表皮効果などが音に与える影響となると、まず理論的に証明できません。電源の質、伝送効率の影響もかなり眉つばです。

それよりも、スピーカーの置き位置、反響、リスニングポイント、耳の構造、音量による低音可聴域の損失など物理的な違いは、直接的に聞こえ方に影響します。

効果があるか分からない、電磁気学にはまるより、直接的に効果があるのが証明されている、音響工学と聴覚特性にまず踏み込む方が正しいアプローチです。

例えば、可聴域で言えば、カナル型のイヤホンの方は、どんな大型スピーカーよりも優れています。でも、コンサートでは、実は体全体が音に揺らされながら聴いている。耳以外で音を感じている。それと同じ感覚を味わうには、耳腔内で再生するだけのイヤホンでは不可能で、大型のスピーカーで鳴らす必要があります。

個人的には、まず音の質を楽しむだけならば、カナル型イヤホンがお勧めです。この場合、音響工学(反射など)を気にする必要がないからです。1~2万円のイヤホンと、ノイズの少ないPCがあれば低価格で高音質を楽しめます。

反面、スピーカーとなると、音響工学の理解に大きく左右されます。
コンサートホールと同じ感覚をもとめるとなると、バスドラムを再生するための大きめのウーファーから、大音量で鳴らしていい部屋、反響を考えた壁とスピーカー位置など考える事が大きくなります。必然的に費用も大きくなります。

耳だけで感じる音だけで見たら、イヤホンと同じレベルに行くのはかなり難しいのが現実です。

http://www.acoust.rise.waseda.ac.jp/publications/onkyou/genron-8-1.pdf

 

まずやること

下記の点が一番影響します。スピーカー、スピーカーの設置方法、DACは中でも特別重要です。それから電磁気学的に効果のあるパーツ交換に入りましょう。

・もとになる素材の録音は良いものか?
DACの性能は良いものか。(PC標準のオーディオアウトは悲惨)
・各端子は綺麗か?    (直接抵抗にモロに影響)
・ヘッドホンなら、密閉性と再生能力は良いものか?
・スピーカーなら、再生能力は良いものか。(30-20K Hz。マルチウェイならクロスのタイミング)
・聴覚特性に合わせた調整は適切か(低音量なら低音の持ち上げ)
・スピーカーなら、設置位置は音響工学的に適切か(周りの壁の反響、リスニングポイント)

・聞いている人の嗜好とコンディションは合っているか?(耳かきしてます?眠りたいなら高音は弱めに。とか)

 

音の善し悪しについて

オーディオ雑誌やレビューを見れば、基本的に高いものを買うほど

・解像度が上がった
・ 輪郭がすっきりした
・つやのある音になった

などという表現を通して、よくなったという評価になります。でも、そもそも何が良い音なのかはその人自身によります。

求める良い音の方向として、

・臨場感のある迫力のある音(聞き手の聴覚特性を重視)
・録音状態に出来る限り近い音(聞き手の聴覚特性を無視)

のどちらかが好きかで、良い音の定義も大きく分かれます。

臨場感を楽しみたいならばBOSEが出すようなサラウンド構成を目指した方がいいですし、 録音状態を出来る限り忠実に聞きたいならJBLなどの大きめなスピーカー、もしくはカナル型イヤホンで何のエフェクトも入れない状態で聞くことになります。

良い音とは何か、について良く考えないと、雑誌のレビューに惑わされて無駄に高級なものを買うことになります。

個人的には、聴覚特性を考えると、大きい音で鳴らせない限り、低音を持ち上げた方が、よりバランスのとれた音に聞こえます。

 

水とは違う

電源神話の中に、「水と同じで上流の質を良くしないといけない」というのがあります。しかし、電気(電子)の伝導の仕方と、水の性質はあまりに違います。水にはそれぞれ質があるでしょうが、電子には質の違いなどありません。金の電子も銅の電子も一緒です。

電圧は安定しているに越したことはありませんが、日本の電圧の安定度は最高級です。同系統に接続してあるエアコンのON/OFF時には一瞬乱れる程度です。

水の例えが有効だとしたら、「音源(上流)がだめなら、再生(下流)してもだめ」という程度でしょうか。どちらかといえば、「素材がだめなら、料理してもだめ」という料理の例えの方がよさそうですけど。

 

エージング

ケーブルや機材などのエージングは信じていません。あり得るとしたら温度変化における電気特性の変化ですが、何日もかけて起こるようなものではありません。時間をかけてあるとしたら、さびや端子の緩みによる単純な劣化です。

その反面、スピーカーが時間に応じて変化するのは結構体験していますし、信じています。
理由としては、湿度・温度が変わると木でできている部分が多いので、時間をかけて伸縮をします。

特に購入後では、倉庫とリビングでは大きく環境が違うため、スピーカーの変化は一番大きい時期だと思います。

合わせて、スピーカーだけでなく、リビングルーム自体も季節の変化の影響を受けます。ピアノでも、夏と冬では結構音が変わるものです。

この環境の変化がエージングと言われるものだと考えています。

ただし、エージング=いい音になっていく、は早とちりで、あくまで環境変化があれば音は変化する、という程度のものです。

 

コメントをお待ちしております

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

柳原尚史(なりさん)


AIソリューション開発、Ridge-iの代表をやっています。
旧姓が成行であだ名がずっとなりさんだったので、なりさんです。

証券アナリスト持っています。債券取引と株DMA・アルゴが得意分野。

もっぱらの趣味は、トレイルランニングとプログラミング。
UTMB2014/2015完走(フランスのモンブラン一周166KMを2日で走破するレース)

詳しいプロフィール
質問・お問い合わせ

おすすめ