なりさんBLOG

金融・FIXプロトコルの相談。いつでも承ります。機械学習のコンテンツを充実させてきます。

資格短期合格への道 情報収集について

資格試験を受ける前にその情報を取得する必要があります。
それによって戦略も変わってきます。

まずは重要な情報として、

・合格点が固定か変動か?

があります。

固定の例:簿記ーー70点以上で固定。
変動の例:宅建ーー合格率17%前後になるように調整。

合格点が固定の試験の場合:

とにかくどんどん受けることが重要です。
たとえば簿記2級の合格率は平均すると30%程度ですが、
実は合格率がなんと5%~46.9%とかなり変動するのです。

【簿記検定試験受験者データ】
http://www.kentei.ne.jp/boki/data.html

5%と46.9%のときを比べるとだいぶ合格レベルは違うと思います。
でも同じ「簿記2級」資格保有者なのです。

すなわち、合格レベルに達していないときにでも、
46.9%のような当たり試験に遭遇する可能性がありますので、
何度も受けることが大切なのです。

完璧に準備して一発合格を目指すのは、受かった時に確かに誇らしいですが、
あまりこだわるべきではありません。。
なにせ5%の外れ試験に遭遇する可能性もあるのですから。。

narisan25

大手通信系に勤めた後、未経験で外資金融に。その後、日系に転職。

◆資格◆
2010/3 証券外務員1種
2010/2 証券外務員2種
2010/2 (大和證券CMに転職)
2009/8 TOEIC 885
2009/6 証券アナリスト Level2
2008/6 証券アナリスト Level1
2007/1 TOEIC 785
2006/11 TOEIC 700
2006/10 宅地建物取引主任者
2006/8 (HSBCに転職)
2005/1 OarcleMaster Silver Fellow
2005/2 簿記2級、3級
2003/4 テクニカルエンジニア(ネットワーク)
2003/4 (NTTコミュニケーションズ就職)
2002/12 初のTOEIC 615
2002/10 基本情報技術者

★略歴

2010年~
大和證券キャピタルマーケッツに転職
グローバルエクイティトレーディング部にて電子取引のシステム構築に携わってます。

2006年~2010年
HSBC(香港上海銀行)にフロントシステムのITとして転職。主に債券のトレーディングシステム関連。先物、為替あたりも見ました

・2003~2006年
NTTコミュニケーションズの新規事業開発の部署に新卒として入社。3年少し働いて退社。

・大学時代(早稲田大学)
特許出したり、資格取ったり、ゲーム作りに携わったり。

・中学、高校時代(早稲田実業)
家業の印刷会社のシステム構築
いろんなWEBサイトを作ってベンチャーを目指す。
放課後は毎日秋葉原な日々。

・小学時代
親のPC-9821でBASICプログラミングに目覚める。マガジンベーシックのゲームに夢中。
◆勉強中
いまはとくになし

著者の最新記事

関連記事

  1. rp_20091013_1079389.png

コメントをお待ちしております

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

香港発旅行で便利なサイト


◆10%割引クーポン(支払時に入力)
クーポンコード:TRAVELGOGO

柳原尚史(なりさん)


AIソリューション開発、Ridge-iの代表をやっています。
旧姓が成行であだ名がずっとなりさんだったので、なりさんです。

証券アナリスト持っています。債券取引と株DMA・アルゴが得意分野。

もっぱらの趣味は、トレイルランニングとプログラミング。
UTMB2014/2015完走(フランスのモンブラン一周166KMを2日で走破するレース)

詳しいプロフィール
質問・お問い合わせ

おすすめ