なりさんBLOG

金融・FIXプロトコルの相談。いつでも承ります。機械学習のコンテンツを充実させてきます。

香港での給料・税金事情

私は現地法人との契約なので税金がらみをほぼ自分で手続きする必要があります。

あまり情報がないのでまとめてみました。

まず言えるのは、日本よりも圧倒的に税金が安い!ということです。

もし年収2000万円の人なら、税引き後の手取りで400万円は差が出るのではないでしょうか。1000万円くらいでも200万程度の差が出ると思います。課税所得の税率などをまとめてみました。

 

毎月の控除

日本のような源泉徴収はありません。所得税・地方税・社会保険(雇用保険や健康保険)分が引かれないので、もし日本と同じ金額をもらえば毎月の手取りは大分差がでてきます。(もちろん、あとで所得税は一括でとられますが。)

唯一の控除として、香港にはMPFという制度があります。

これは日本の401Kに似ていて、強制的に一定額をHSBCやスタンダードチャータなどを通してファンドに投資する必要があり、通常その分は引かれた顎が手取りとして振り込まれます。

低賃金の人は会社側のみの負担になりますが、大体の人は、最低月15000円程度の投資が必須です。あとは、会社側の制度によっては、増額できたり、その分を会社からも補助してくれたりします。

 

源泉徴収がなくなって、毎月の手取りが大きくなるのは嬉しくても、社会保険が無い=何かの時にサポートがない、ということなので、楽観はできません。

健康保険はある程度の規模の会社なら提供してくれますが、会社対民間の保険会社との契約によるので、日本のように患者が一律3割負担と簡単ではなく、色々な条件があり注意が必要です。歯医者分は対象外などという場合も結構あるので、任意で加入している人もいます。

また、雇用保険がないのに合わせて、日本のような手厚い労働基準法もないし、労働組合のようなものはまず無いので、リストラされた時のリスクは大きいですね。

 

所得税率

香港での税率は一律15%または累進課税(上限17%)のどちらかを選べます。

[香港の累進課税の税率]

Net chargeable Income Rate Tax
$ $
On the First 40,000 2% 800
On the Next 40,000 7% 2,800
80,000 3,600
On the Next 40,000 12% 4,800
120,000 8,400
Remainder 17%

http://www.gov.hk/en/residents/taxes/taxfiling/taxrates/salariesrates.htm

 

[日本の累進課税の税率(2011年)]

課税される所得金額 税率 速算控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円超 40% 2,796,000円

 

これを比べると、香港の課税所得120万円以上は17%で一律というのはかなり恵まれていますね。

また基礎控除が200万円程度と大きく、また傾斜も緩やかなため、通常、年収2M HKドル(2000万円相当)程度までは累進の方がお得です。

日本では、基礎控除が100万円もいかないし、さらに所得税・地方税も最高45%程度と高いので、圧倒的に香港の方が安いですね。

また、 キャピタルゲインが非課税、というのはものすごく大きい。(キャピタルゲインとは株などの投資による利益)。

この所得税の低さと、キャピタルゲイン非課税、の2点が金融マンや富裕層が香港に集まる一番の原因でしょう。

 

 

控除

控除は独身なら100万程度までは基礎控除されて非課税。さらに扶養の数に応じて260万円程度控除されます。

http://www.gov.hk/en/residents/taxes/salaries/allowances/allowances/7years.htm

さらに

  • 寄付控除 (日本みたいに最低5万円以上とかの縛りなし。)
  • 家賃控除(これがでかい。家賃支払分の9割程度を控除に充てられる)
  • 就労のための勉強代 (資格学校など。これも結構大きい。)
  • 自営、セールス業なら営業経費

といった控除も認められます。

家賃控除は月収と同じ程度まで認められます。この辺りが不動産熱を加熱させる仕組みにもなっているんでしょうね。

 

時期

毎年4月に香港税務署から案内が来るので、一か月以内にWEBまたは書面で返信します。

会社からも別途、給与支払額を申請していますが、個人でも控除分などを計算して申請が必要です。

外国人の場合、初年度は、2年分払う必要あります。

WEBでは日本のようなICカードは必要ありません。ログインとパスワード、あとHKIDでOKです。

私は控除の計算などが不安だったのでWEBでやりました。

 

支払

PPSというオンライン決済か銀行振り込みが中心です。翌年の1月と4月の2回に分けて振り込みます。

詳しい計算はわかりませんが、私の場合、1月分が8割、4月が2割、という感じでした。

 

その他

一番理想的なのが、日本の給与水準で香港の税金を払う、ということです。ただそのためには、住民票を日本から香港に移す必要があるのが難点。

 

narisan25

大手通信系に勤めた後、未経験で外資金融に。その後、日系に転職。

◆資格◆
2010/3 証券外務員1種
2010/2 証券外務員2種
2010/2 (大和證券CMに転職)
2009/8 TOEIC 885
2009/6 証券アナリスト Level2
2008/6 証券アナリスト Level1
2007/1 TOEIC 785
2006/11 TOEIC 700
2006/10 宅地建物取引主任者
2006/8 (HSBCに転職)
2005/1 OarcleMaster Silver Fellow
2005/2 簿記2級、3級
2003/4 テクニカルエンジニア(ネットワーク)
2003/4 (NTTコミュニケーションズ就職)
2002/12 初のTOEIC 615
2002/10 基本情報技術者

★略歴

2010年~
大和證券キャピタルマーケッツに転職
グローバルエクイティトレーディング部にて電子取引のシステム構築に携わってます。

2006年~2010年
HSBC(香港上海銀行)にフロントシステムのITとして転職。主に債券のトレーディングシステム関連。先物、為替あたりも見ました

・2003~2006年
NTTコミュニケーションズの新規事業開発の部署に新卒として入社。3年少し働いて退社。

・大学時代(早稲田大学)
特許出したり、資格取ったり、ゲーム作りに携わったり。

・中学、高校時代(早稲田実業)
家業の印刷会社のシステム構築
いろんなWEBサイトを作ってベンチャーを目指す。
放課後は毎日秋葉原な日々。

・小学時代
親のPC-9821でBASICプログラミングに目覚める。マガジンベーシックのゲームに夢中。
◆勉強中
いまはとくになし

著者の最新記事

関連記事

  1. IMG_1020
  2. IMG_1070

コメントをお待ちしております

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.