なりさんBLOG

金融・FIXプロトコルの相談。いつでも承ります。機械学習のコンテンツを充実させてきます。

英語の情報源に慣れると知識量が圧倒的に増える

英語の情報源に慣れることの重要性を最近特に感じます。当たり前のような感じですが、改めて圧倒的に量と深さに差がでるなぁと。

英語のしゃべり始めのころは、常に日本語ー>英語の順で考えてしまうものです。

しかし
日本語の情報源で理解ー>英語に翻訳

という順序ですと、あくまで知識量は日本語になります。

しかし、Wikiで同じ単語でも英語と日本語で格段な差がある場合が多いです。(もちろん日本独自の単語は除く)

試しに、左メニューの「他の言語」からEnglishにしてみてください。もし国際的に共通の単語だとしたら、まずEnglishの方が圧倒的に情報があります。

やはり、
英語の情報源で理解ー>日本語に翻訳

という順序になれることが、より多くの知識を獲得する方法となります。

また、英語を使う上でも「翻訳」という作業がなくなるので、海外とスムーズにコミュニケーションが取れますし、一度慣れれば、新しい知識を英語をベースでどんどんつけていくことができます。

私の場合、よく数学などの用語を英語で知らないときに苦労します(例えば微分積分(caluculus)、標準偏差(normal distribution)という単語を知らないと、違う表現で伝えるのは大変です。)

こういう共通の学問とかは特に英語で勉強した方がよかったな、と思います。香港では高校から、全て英語で授業を行うということ。
社会人になってから、英語で勉強しなおすのは大変ですから、日本でもその選択肢が選べるようになって欲しいものです。

最初はかなりつらいですが、Wikiは出来る限り英語で見る、Googleも英語で検索ということに慣れていきたいですね。

(とは言いつつ、日本語に頼ってしまう自戒の念をこめて)

narisan25

大手通信系に勤めた後、未経験で外資金融に。その後、日系に転職。

◆資格◆
2010/3 証券外務員1種
2010/2 証券外務員2種
2010/2 (大和證券CMに転職)
2009/8 TOEIC 885
2009/6 証券アナリスト Level2
2008/6 証券アナリスト Level1
2007/1 TOEIC 785
2006/11 TOEIC 700
2006/10 宅地建物取引主任者
2006/8 (HSBCに転職)
2005/1 OarcleMaster Silver Fellow
2005/2 簿記2級、3級
2003/4 テクニカルエンジニア(ネットワーク)
2003/4 (NTTコミュニケーションズ就職)
2002/12 初のTOEIC 615
2002/10 基本情報技術者

★略歴

2010年~
大和證券キャピタルマーケッツに転職
グローバルエクイティトレーディング部にて電子取引のシステム構築に携わってます。

2006年~2010年
HSBC(香港上海銀行)にフロントシステムのITとして転職。主に債券のトレーディングシステム関連。先物、為替あたりも見ました

・2003~2006年
NTTコミュニケーションズの新規事業開発の部署に新卒として入社。3年少し働いて退社。

・大学時代(早稲田大学)
特許出したり、資格取ったり、ゲーム作りに携わったり。

・中学、高校時代(早稲田実業)
家業の印刷会社のシステム構築
いろんなWEBサイトを作ってベンチャーを目指す。
放課後は毎日秋葉原な日々。

・小学時代
親のPC-9821でBASICプログラミングに目覚める。マガジンベーシックのゲームに夢中。
◆勉強中
いまはとくになし

著者の最新記事

関連記事

  1. 2009.06.17

    日本人の英語

コメントをお待ちしております

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

香港発旅行で便利なサイト


◆10%割引クーポン(支払時に入力)
クーポンコード:TRAVELGOGO

柳原尚史(なりさん)


AIソリューション開発、Ridge-iの代表をやっています。
旧姓が成行であだ名がずっとなりさんだったので、なりさんです。

証券アナリスト持っています。債券取引と株DMA・アルゴが得意分野。

もっぱらの趣味は、トレイルランニングとプログラミング。
UTMB2014/2015完走(フランスのモンブラン一周166KMを2日で走破するレース)

詳しいプロフィール
質問・お問い合わせ

おすすめ