なりさんBLOG

金融・FIXプロトコルの相談。いつでも承ります。機械学習のコンテンツを充実させてきます。

育児本読んでみて「育児の百科」、「子供の花が育つとき」

育児本3冊読んでみて

予定日まで2ヶ月をきって、名前決めとか真剣みを帯びてきました。
育児関係で最近読んだ本は

内藤 寿七郎 子供の花が育つとき
松田 道夫  私は赤ちゃん
育児の百科(上

です。上の二つはエッセイ風なので、1日ー2日で読みきれます。
岩波や新潮の本が何冊も届いたのを見て、嫁には「なりさんらしい」と言われます。たしかに堅苦しい本から入る癖があるのかも。

松田さんの著作となると40年以上前で、私の両親も参考にしていたとのこと。
科学的な知識は最新の情報をとりいれる必要はありますが、
赤ちゃんとの接し方とか子育ての基本的なところは変わらないと信じて「温故知新」と思って読んでます。

今はインターネットで自宅から圧倒的な情報が手に入れられる分、逆に振り回されて余計心配になることも多いので、古くから共通しているようなぶれない大きな方針を家庭内で共有しておきたいものです。

内藤さんの本は

「両親、とくにお母さんの感情が赤ちゃんにそのまま反映されるので、お母さんの精神を安定させるのが大事」

「人見知りは両親と他人を見分けられるようになったから。反抗期は個性が出てきた証拠。むしろ喜んだ方がいい」

このように、色々な不安を一つ一つ取り除きながら、とにかく両親・家庭の平和が赤ちゃんにとって一番大事だと述べて丁寧に述べています。
読んでいるだけで心が和みます。2回読んでしまいました。

松田さんの本は

「成長のペースはみな違うから、他の赤ちゃんや標準・平均値などと比べてあせらない。」
「赤ちゃんだからといって赤ちゃん扱いしない。個性を尊重する。」
「正しい医学の知識を持って周りに振り回されない。」

といった感じでしょうか。

「私は赤ちゃん」は60年代の団地に住む家庭に生まれた男の赤ちゃんからの視点で色々な注文・意見を述べています。
こんな赤ちゃんだったら生意気だなぁ、と思いつつも楽しくよめます。当時の住環境はこうだったんだな、と知る面では面白かったです。

「育児の百科」は医学的な知識を多く取り込んでいてまさに「百科」です。
生まれる前から始まって、最初の2週間、4週目・・・と、細かく成長に合わせて病気の症状やアドバイスなどが述べられています。

冒頭の「生まれる前から自信を持てるはずない。」という言葉でかなり力が抜けました。
明確に「こういうものである。」と断定する回りくどくない表現が読みすかったです。

どの本も読むことで、不安が少しずつ解消されていくような気がします。子育てに関わる悩みはいつでも一緒なのかもしれません。

生まれたら想像しなかったような全く新しい悩みが沢山出てくるでしょうが、どうにか温和な家庭を作っていきたいものです。

3冊読んだ中では内藤さんの本と、育児の百科がお勧めです。
とくに育児の百科は、子供が病気になったら最初に開く本になりそうです。

子どもの「花」が育つとき―21世紀をになう子どもたちへ!語り伝えたい、育児メッセージ
子どもの「花」が育つとき―21世紀をになう子どもたちへ!語り伝えたい、育児メッセージ
内藤 寿七郎

定本 育児の百科〈上〉5カ月まで (岩波文庫)
定本 育児の百科〈上〉5カ月まで (岩波文庫)
松田 道雄
私は赤ちゃん (岩波新書)
私は赤ちゃん (岩波新書)
松田 道雄

narisan25

大手通信系に勤めた後、未経験で外資金融に。その後、日系に転職。

◆資格◆
2010/3 証券外務員1種
2010/2 証券外務員2種
2010/2 (大和證券CMに転職)
2009/8 TOEIC 885
2009/6 証券アナリスト Level2
2008/6 証券アナリスト Level1
2007/1 TOEIC 785
2006/11 TOEIC 700
2006/10 宅地建物取引主任者
2006/8 (HSBCに転職)
2005/1 OarcleMaster Silver Fellow
2005/2 簿記2級、3級
2003/4 テクニカルエンジニア(ネットワーク)
2003/4 (NTTコミュニケーションズ就職)
2002/12 初のTOEIC 615
2002/10 基本情報技術者

★略歴

2010年~
大和證券キャピタルマーケッツに転職
グローバルエクイティトレーディング部にて電子取引のシステム構築に携わってます。

2006年~2010年
HSBC(香港上海銀行)にフロントシステムのITとして転職。主に債券のトレーディングシステム関連。先物、為替あたりも見ました

・2003~2006年
NTTコミュニケーションズの新規事業開発の部署に新卒として入社。3年少し働いて退社。

・大学時代(早稲田大学)
特許出したり、資格取ったり、ゲーム作りに携わったり。

・中学、高校時代(早稲田実業)
家業の印刷会社のシステム構築
いろんなWEBサイトを作ってベンチャーを目指す。
放課後は毎日秋葉原な日々。

・小学時代
親のPC-9821でBASICプログラミングに目覚める。マガジンベーシックのゲームに夢中。
◆勉強中
いまはとくになし

著者の最新記事

関連記事

コメントをお待ちしております

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

香港発旅行で便利なサイト


◆10%割引クーポン(支払時に入力)
クーポンコード:TRAVELGOGO

柳原尚史(なりさん)


AIソリューション開発、Ridge-iの代表をやっています。
旧姓が成行であだ名がずっとなりさんだったので、なりさんです。

証券アナリスト持っています。債券取引と株DMA・アルゴが得意分野。

もっぱらの趣味は、トレイルランニングとプログラミング。
UTMB2014/2015完走(フランスのモンブラン一周166KMを2日で走破するレース)

詳しいプロフィール
質問・お問い合わせ

おすすめ