なりさんBLOG

金融・FIXプロトコルの相談。いつでも承ります。機械学習のコンテンツを充実させてきます。

日本人の英語

約3年間HSBCにいて、よぷやく英語で意思を伝えるのには問題はなくなってきましたが、その反面どうしても細かいニュアンスの違いを沢山感じてきている最近です。

ネイティブから見て自分の英語はどうなんだろう?と思っていたところ、良い本を見つけました。

大学で英語論文の添削を行っているネイティブで、日本語を流暢に話せるというマーク・ピーターセンの本です。
例文や実例を交えながら「日本語でこういいたいんだろうな」と考えた上で「こうした方がもっといいよ」とわかり易く説明してくれます。日英両方堪能な限られた人でしか書けない本です。

日本人の英語 (岩波新書)
日本人の英語 (岩波新書)
マーク ピーターセン,Mark Petersen

印象に残ったのが、

a,theは続く名詞が可算名詞かどうかで決まるのではなく、文脈によってきまり、むしろa,theを先に決めて考える。

especiallyの使いすぎ(確かにいっぱい使っていた!)

受動態の使いすぎで印象が弱い(これもやってた!思わずHe toldじゃなくてI was told by himとか無駄にややこしく言ってしまう事が多々あります。)

重要な4つの前置詞 in,on,out,offのイメージ(なぜ、monthならinで、weekならonなのか?ようやく納得しました。)

などなど、ほかにも沢山ためになることがあります。早速続編も買って今読んでいます。

今まで「ネイティブから見ておかしい日本人英語」といった類の本は、私はあまり好きではありませんでした。重箱の隅をつつく視点や冗談めいてちゃかすものが多く、日本人が読むとしゃべらないくせに間違いの指摘だけする人が増えてしまう気がしたからです。それより、まず書いて・しゃべって沢山の間違いを犯しながら語学は上達するべきだと思ってます。

その面で、この本は間違いをただ指摘するような本ではなく、学校教育の英語で間違えがちなところを非常にうまく補完・訂正してくれています。例えば

EarthにはTheがつく

学校教育では、これは暗記しろ、と言われるだけです。
でもこの本では、「なぜtheなのか。aがつくこともあるよ」とやさしく教えてくれます。

これを読んだらしゃべれる・聞き取れる、という目的の本ではありませんが、自分の英語を上達させたい、文章を理解できるようになりたい、という方にはまず一読の価値はあるでしょう。
ページ数も短いので気軽に読めますよ。

narisan25

大手通信系に勤めた後、未経験で外資金融に。その後、日系に転職。

◆資格◆
2010/3 証券外務員1種
2010/2 証券外務員2種
2010/2 (大和證券CMに転職)
2009/8 TOEIC 885
2009/6 証券アナリスト Level2
2008/6 証券アナリスト Level1
2007/1 TOEIC 785
2006/11 TOEIC 700
2006/10 宅地建物取引主任者
2006/8 (HSBCに転職)
2005/1 OarcleMaster Silver Fellow
2005/2 簿記2級、3級
2003/4 テクニカルエンジニア(ネットワーク)
2003/4 (NTTコミュニケーションズ就職)
2002/12 初のTOEIC 615
2002/10 基本情報技術者

★略歴

2010年~
大和證券キャピタルマーケッツに転職
グローバルエクイティトレーディング部にて電子取引のシステム構築に携わってます。

2006年~2010年
HSBC(香港上海銀行)にフロントシステムのITとして転職。主に債券のトレーディングシステム関連。先物、為替あたりも見ました

・2003~2006年
NTTコミュニケーションズの新規事業開発の部署に新卒として入社。3年少し働いて退社。

・大学時代(早稲田大学)
特許出したり、資格取ったり、ゲーム作りに携わったり。

・中学、高校時代(早稲田実業)
家業の印刷会社のシステム構築
いろんなWEBサイトを作ってベンチャーを目指す。
放課後は毎日秋葉原な日々。

・小学時代
親のPC-9821でBASICプログラミングに目覚める。マガジンベーシックのゲームに夢中。
◆勉強中
いまはとくになし

著者の最新記事

関連記事

  1. 生ぷー 2009.06.24 7:02am

     おひさしぶりです^-^私はアナリストだめそうでした;;なりさんは手ごたえありそうで発表が楽しみですねー。私も運を天にまかせてます。

     今回は英語本の紹介ですね!私もアナリスト試験後から始めたばかりで、音読ドリルなどやってます。

     以前なりさんがブログで話すには中学英語でおkのように書いてらっしゃったので、中学英語からやり直しております。

     そんな自分にはまだ早いのですが、外資に行きたい!って気持ちだけでがんばっております。

     相当前を走っているなりさんにいろいろ教えて頂いてばかりですが、また良い本ありましたら教えてください。

     ちなみにジョン・ハルの本は買いました^^b

    • 0
    • 0
  2. なりさん 2009.06.25 2:23am

    生ぷーさん>
    お久しぶりです&アナリストお疲れ様でした!
    私も合格祈り中です。。落ちててもしかたないレベルの出来だったので。。

    英語はどんどん重要になってくると思ってます。
    日本の内需頼みだけでは今後経済は成り立たなくなると思いますし、国内のマスコミの情報は扇情的なものばかりなので、海外の英語の情報源に慣れることで日本が外から見てどうなのか把握する必要性は高まっていると考えてます。

    コミュニケーションには中学英語で十分だと常々思っています。例えば単語力がなくても、get , make , takeあたりを使いこなせば、まず普段の意思疎通は出来ます。

    日本の教育のように、文法重視の減点主義で育ってくると、国民性も重なって間違いが怖くなってしまい、全くしゃべれなくなります。

    でも、それが一番「上達しないコツ」だと思ってます。

    どんどん間違える事で「もっとうまく喋りたい、伝えたい」と痛感して、モチベーションがでてくると思います。その中で自分の足りないスキルも見えてくるので、自分にあった教材も見つかってきます。

    偉そうなこと言っていますが、英語で失敗して落ち込んでいるときに、こう自分に言い聞かせて頑張っています。。。

    • 0
    • 0

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

香港発旅行で便利なサイト


◆10%割引クーポン(支払時に入力)
クーポンコード:TRAVELGOGO

柳原尚史(なりさん)


AIソリューション開発、Ridge-iの代表をやっています。
旧姓が成行であだ名がずっとなりさんだったので、なりさんです。

証券アナリスト持っています。債券取引と株DMA・アルゴが得意分野。

もっぱらの趣味は、トレイルランニングとプログラミング。
UTMB2014/2015完走(フランスのモンブラン一周166KMを2日で走破するレース)

詳しいプロフィール
質問・お問い合わせ

おすすめ