なりさんBLOG

金融・FIXプロトコルの相談。いつでも承ります。機械学習のコンテンツを充実させてきます。

ロコ・ロンドン取引は賭博?

少し可愛い名前ですが、かなりリスクの高い証拠金取引がロコ・ロンドン(貴金属)取引です。ロンドン市場での金現物価格を指数とした証拠金取引です。これについて高裁で違法との判決がでました

http://www.jiji.com/jc/zc?k=200803/2008032801059&rel=y&g=soc

商品取引所法とかにも載ってないし何で認められるのかな、と思ったらやはり違法との見解が妥当なようです。

ロコ・ロンドン金の意味は、ロンドンでの金の受け渡しを前提(運賃等を一切含まない)、という意味です。
ちなみにロコ・東京なら東京での受け渡しが前提になるので、運賃・保険料などを勘案した価格になります。いずれにしても実際には受け渡しは無く、あくまで指数および為替レートの上下によって差金決済されます。

10%以下の証拠金取引でレバレッジ(数十倍)が効く為、小さな変動でも損益は大きくなります。さらに危険なのが、この取引は相対であって取引所などを介さないため、悪質な業者によって全てのレートを操作され得ることです。

また業者が破綻する信用リスクも十分にあります。
ロコ・ロンドンは取引所との代理・媒介取引ではなく、その業者との相対なので、商品の理解も当然ですが、第一にその業者の信用性から疑ってみるのも大切です。

ちなみにスワップの根拠がわからないとの指摘がありますが、ロコ・ロンドン金取引でのスワップ ポイントはありえます。
金をショートして、ドルを手に入れたらドル分の金利がもらえます。(逆に金をロングにしたら、ドル分の金利を払う)。
金をゼロ金利通貨のFXと考えるとわかりやすいと思います。また金の金利として金の貸出レートを適用することも考えられます。

英語ですが簡単な説明のページです。
Philip Futures

ただ、業者にとってスワップポイントは勧誘しやすい言葉なので受取分だけを強調しているかもしれません。また相対ということを考えると、顧客がショートを取ると業者が得するポジションを予め取っている可能性も考えられます。

以下に日弁連の意見書がとても参考になるので、興味があったら読んでみてください。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/report/data/070316.pdf

個人的には、ロコ・ロンドンは悪質な業者が素人を騙すためのツール、という程度で済まさずに、こういった商品を商品取引法・金融商品取引法といった法令できちんとカバー出来ていないことが問題であり、そこに焦点をあてて議論するべきです。

金はレアメタルであり、保有者および利用予定の業者は多数いるため、金先物やロコ・ロンドン取引はそのヘッジ手段としての有用性があります。

もちろんあらゆる市場が投資家やヘッジ用途だけで構成されているわけはなく、スペキュレーター(価格の値動きで損益をあげようとする人)がいることで流動性と効率的な価格構成が形成されます。
にもかかわらず、日本の高官の中ではスペキュレーターを排除しようとする傾向が見受けられます(北畑事務次官を筆頭として。)

新しい金融商品をどこまでを適法とするか、そしてそれを適法とするための条件を定めた明確なガイドラインが出来ないと、日本をアジアの金融センターにする、という目標からどんどん遠ざかる結論になります。(まぁそもそも本当に積極的なのか疑問ですが。)

現時点ではFXも含めてデリバティブ商品に関しての法案がかなり曖昧なので、ぜひ国内外の有識者を集めて検討してほしいところです。

narisan25

大手通信系に勤めた後、未経験で外資金融に。その後、日系に転職。

◆資格◆
2010/3 証券外務員1種
2010/2 証券外務員2種
2010/2 (大和證券CMに転職)
2009/8 TOEIC 885
2009/6 証券アナリスト Level2
2008/6 証券アナリスト Level1
2007/1 TOEIC 785
2006/11 TOEIC 700
2006/10 宅地建物取引主任者
2006/8 (HSBCに転職)
2005/1 OarcleMaster Silver Fellow
2005/2 簿記2級、3級
2003/4 テクニカルエンジニア(ネットワーク)
2003/4 (NTTコミュニケーションズ就職)
2002/12 初のTOEIC 615
2002/10 基本情報技術者

★略歴

2010年~
大和證券キャピタルマーケッツに転職
グローバルエクイティトレーディング部にて電子取引のシステム構築に携わってます。

2006年~2010年
HSBC(香港上海銀行)にフロントシステムのITとして転職。主に債券のトレーディングシステム関連。先物、為替あたりも見ました

・2003~2006年
NTTコミュニケーションズの新規事業開発の部署に新卒として入社。3年少し働いて退社。

・大学時代(早稲田大学)
特許出したり、資格取ったり、ゲーム作りに携わったり。

・中学、高校時代(早稲田実業)
家業の印刷会社のシステム構築
いろんなWEBサイトを作ってベンチャーを目指す。
放課後は毎日秋葉原な日々。

・小学時代
親のPC-9821でBASICプログラミングに目覚める。マガジンベーシックのゲームに夢中。
◆勉強中
いまはとくになし

著者の最新記事

関連記事

コメントをお待ちしております

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

香港発旅行で便利なサイト


◆10%割引クーポン(支払時に入力)
クーポンコード:TRAVELGOGO

柳原尚史(なりさん)


AIソリューション開発、Ridge-iの代表をやっています。
旧姓が成行であだ名がずっとなりさんだったので、なりさんです。

証券アナリスト持っています。債券取引と株DMA・アルゴが得意分野。

もっぱらの趣味は、トレイルランニングとプログラミング。
UTMB2014/2015完走(フランスのモンブラン一周166KMを2日で走破するレース)

詳しいプロフィール
質問・お問い合わせ

おすすめ