なりさんBLOG

金融・FIXプロトコルの相談。いつでも承ります。機械学習のコンテンツを充実させてきます。

勉強時間と点数の関係

資格を効率的に合格するためには、
・どこにどれだけ時間を割くべきか
・どう勉強するべきか

といったことが非常に重要になってきます。
これは仕事をしている人にとっての資格に限らず、学生の受験でも言えることだと思います。

学校でも勉強をしろと教わっても、勉強の仕方は殆ど教えてくれません。むしろ最初から丸暗記という非効率的な方法や、精神面での話が多いと思います。
また、勉強方法に関してあまりよい文献も見つからなかったので、自分で色々考えてみました。

幸い比較的短期間で資格取得に成功しているので、もしかしたら私の勉強方法や考え方が少しでも役に立てばと思っています。

多くの資格の合否は、その人の能力よりも、勉強方法の良し悪し(効率的かどうか)が影響すると考えています。
色々な視点や考え方があると思いますので、ご意見などいただけると嬉しいです。

勉強時間と点数の関係

時間と点数の関係は品質曲線になると思います。

 

これは工場の品質チェックや、プログラムのバグチェックなどで使われるクォリティと時間の関係の曲線と同じものです。

ここでまず私が考えているのは、

・だれでも最初は点数が低く伸び悩む
・途中で点数が急上昇する時期がある
・急上昇後はまた伸び悩む

という3つのフェーズにわかれるということです。
それぞれの時期を図示すると以下のようになります。

 

勝手に名づけてみましたが、
最初の伸び悩む時期を吸収期
点数が急上昇する時期を理解期
急上昇後を仕上暗記期

としてみました。

それぞれのフェーズでの勉強方や、合格点のバランスなどは次回書きます。

narisan25

大手通信系に勤めた後、未経験で外資金融に。その後、日系に転職。

◆資格◆
2010/3 証券外務員1種
2010/2 証券外務員2種
2010/2 (大和證券CMに転職)
2009/8 TOEIC 885
2009/6 証券アナリスト Level2
2008/6 証券アナリスト Level1
2007/1 TOEIC 785
2006/11 TOEIC 700
2006/10 宅地建物取引主任者
2006/8 (HSBCに転職)
2005/1 OarcleMaster Silver Fellow
2005/2 簿記2級、3級
2003/4 テクニカルエンジニア(ネットワーク)
2003/4 (NTTコミュニケーションズ就職)
2002/12 初のTOEIC 615
2002/10 基本情報技術者

★略歴

2010年~
大和證券キャピタルマーケッツに転職
グローバルエクイティトレーディング部にて電子取引のシステム構築に携わってます。

2006年~2010年
HSBC(香港上海銀行)にフロントシステムのITとして転職。主に債券のトレーディングシステム関連。先物、為替あたりも見ました

・2003~2006年
NTTコミュニケーションズの新規事業開発の部署に新卒として入社。3年少し働いて退社。

・大学時代(早稲田大学)
特許出したり、資格取ったり、ゲーム作りに携わったり。

・中学、高校時代(早稲田実業)
家業の印刷会社のシステム構築
いろんなWEBサイトを作ってベンチャーを目指す。
放課後は毎日秋葉原な日々。

・小学時代
親のPC-9821でBASICプログラミングに目覚める。マガジンベーシックのゲームに夢中。
◆勉強中
いまはとくになし

著者の最新記事

関連記事

  1. rp_20091013_1079389.png

コメントをお待ちしております

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

香港発旅行で便利なサイト


◆10%割引クーポン(支払時に入力)
クーポンコード:TRAVELGOGO

柳原尚史(なりさん)


AIソリューション開発、Ridge-iの代表をやっています。
旧姓が成行であだ名がずっとなりさんだったので、なりさんです。

証券アナリスト持っています。債券取引と株DMA・アルゴが得意分野。

もっぱらの趣味は、トレイルランニングとプログラミング。
UTMB2014/2015完走(フランスのモンブラン一周166KMを2日で走破するレース)

詳しいプロフィール
質問・お問い合わせ

おすすめ